簡単な足踏み運動でスリムになる

運動は得意ではないけれどスリムになりたいという人は、簡単にできる足踏み運動でのダイエットはどうでしょう。全身を使った有酸素運動は、貯め込んだ脂肪を燃やす手段としてぴったりです。ウォーキングやジョギング、水泳といった運動がその代表的なものですが、もっと簡単で気軽に自宅で行えるのが足踏み運動です。テレビや、お気に入りのDVDを視聴しながら足踏み運動をするという方法もありますし、体力がそれほどない人でも運動は可能です。継続することによって体重が増えにくくなり、いずれはスリムな体になることができるでしょう。足踏みによって小腸や大腸も刺激されることから便秘解消にもつながります。運動効果を上げるために、足踏み運動をする時には足の指の曲げ伸ばし運動をするといいでしょう。足踏み運動をする前に、足の裏の筋肉をほぐしておきます。足踏み運動では、太ももと床とが平行になるくらいを目安に足を上げます。猫背になってはいけません。腕は後ろに大きく振り上げます。膝を高く上げたほうが消費カロリーは増えます。足踏みを50回ずつ、一日に2回行います。毎日続けることで基礎代謝が上がり、スリム効果が期待できるでしょう。一定のリズムでの足踏み運動を、毎日実行することがスリムになるためのコツです。簡単にできる足踏み運動を日々の生活習慣に取り入れてスリムな体を目指しましょう。

簡単なストレッチ運動でお腹をスリムにできる

スリムなお腹になりたい人は、簡単にできるストレッチを実践してみてはどうでしょうか。お腹まわりは、加齢と共に大きくなりがちです。何とかできないかと思いなやんでいる人はたくさんいます。お腹まわりの筋肉は普段の生活で使うことがあまりないので、脂肪がたまっていってしまうのです。スリムなお腹を目指すのなら、毎日簡単なストレッチを実行することを習慣づけましょう。腰のツイスト運動は、お腹周りをスリムにできる手軽な運動といえます。肩幅に足を広げて両ひざをつきます。手は頭の後ろでしっかりと両腕を広げます。腰をひねる運動で筋肉を刺激することを意識しつつ、体は右側に回します。右側に回転してゆっくり3秒、可能なら10秒から始めましょう。ツイスト運動を右へ3回、左へ3回と回し終わればそれで1セットです。時間をかけずにできて、簡単ですので、誰でもできます。簡単なストレッチは、テレビを観ながらすることもできますので、毎日続けられるのではないでしょうか。体に負担がかかりすぎないよう、秒数や回数は一つの指針として、自分にやりやすいペースで体を動かします。簡単にできるストレッチですが、毎日続けることによってスリムなお腹まわりになることが可能です。簡単にできるストレッチをダイエットに取り入れてスリムなお腹を目指しましょう。

下腹をスリムにするには簡単な体操でも可能

簡単に下腹をスリムにしたいという人は大勢います。誰でも簡単にできる体操をすることで下腹をスリムにすることが可能です。お腹の出っぱりを気にかけているという人はたくさんいます。食事制限をしてもジョギングをしても、なかなかスリムにならないのが下腹です。色々な筋肉で人の体は構成されており、個々の筋肉が役割を持っています。姿勢の保持や運動などの複雑な動きをするために、筋肉は互いに関わりを持っています。筋肉のある部分に使っていない部位があると、その周囲には脂肪がつきやすくなります。下腹が簡単にスリムにならない原因は運動不足もありますが、デスクワークで椅子に座って背中を丸めた姿勢も要因となります。ストレッチ運動を30分から1時間に一度のペースで取り入れることで、筋肉を刺激し下腹のスリム効果に役立ちます。90度より広くなるように前足を出して膝をつき、ストレッチの最初の姿勢をとります。体重を少し前にかけるように移動し、上半身は前傾姿勢にならないように後ろ脚の筋肉を伸ばします。両方の手のひらを揃えて頭の上までもっていき、背筋をピンと伸ばしましょう。そのままあお向けの姿勢になって膝を直角に曲げ、両手や膝で互いに押し合うようにして力をかけていきます。簡単なストレッチを毎日少しずつ続けていれば下腹はだんだんスリムになっていくでしょう。